働きながら資格取得|夜間コースで理学療法士を目指す

働きながら国家資格取得

昼間は働いているけど勉強がしたいのであれば、夜間の学校を選ぶと良いでしょう。最近注目されている理学療法士ですが、夜間の学部が人気です。高齢化が進む現代で、多くのお年寄りから感謝される職に就きましょう。

働きながら資格の取得を

社会人の方が理学療法士を目指すために学校の夜間部に通うことを予定している場合、3年制と4年生があることを知っておきましょう。もしも、仕事をしながら学ぶというのなら、理学療法士になるまでの期間だけではなく、学業との両立も考えなければいけないからです。

限られた時間を有効活用

施術

時間の管理が上手になる

夜間部コースがある理学療法士養成学校は全国各地にあります。高齢化社会の到来など、近年取り巻く社会環境から理学療法士に対する需要が高まっています。そのため、一度社会人を経験した人が理学療法士を目指すケースが増えています。昼間はアルバイトして、夜間コースで学ぶ社会人学生が多いのです。理学療法士養成学校の夜間コースは4年制であることが多く、授業料も4年間支払わなくてはなりません。奨学金を活用することも可能ですが、少しでも負担を軽くするために昼間のアルバイト代を授業料や生活費の足しにできます。更に学校によっては、昼間のアルバイトを紹介してくれるところも少なくありません。紹介先は治療院や福祉施設などが多く、現場で助手として働きながら実践的な知識や技術を学べる利点もあります。夜間コースで学ぶ人は社会人が多く、目的意識を持った仲間がたくさん在籍しています。切磋琢磨することでお互い刺激になり、長い学生生活を頑張り続けられます。また若い学生にとっては年上の人と接することで、勉強以外のコミュニケーションを身につけられます。そして、それは就職した後に必ず生かされます。夜間部に在籍することで、時間を上手に活用できるスキルが身につきます。また、理学療法士の夜間コースであっても、最終学年に進級する前に実習があるのが一般的です。この臨床実習は長期であることが多く、トータルで4ヶ月ほど行います。仕事をしながら学校に通う場合は、実習があることを考慮しておくことが非常に大切です。

夜に通学することの利点

年齢が高い方や仕事を辞めずに理学療法士になりたいのなら、夜間学校について調べてみましょう。夜間学校なら色々な年齢層の方がいて、働きながら通学する方も居ますので、若い年齢が多い日中の学校よりも快適な学習環境が築けるからです。